四十肩・五十肩の解説と急性期にも対応できる当院の施術の3つの特徴

腕を挙げたり、後ろに回す動作につらさを感じていませんか?

首から肩にかけて重さが出る肩こりとは違い、肩先から腕にかけての痛みを感じているなら、それは四十肩・五十肩かもしれません。

腕を上げる動作がしにくくなるため、痛みや使いずらさを感じながら生活するのは本当にしんどいですね。

ここでは、四十肩・五十肩の解説と、当院の施術についてお伝えします。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩とは、いわゆる「肩関節周囲炎」のことです。

肩の関節がいたんで、動きが悪くなるものです。40代以降、特に50代の方が多いです。

はじめは「なんとなく肩に違和感がある」程度であったものが、何かの動作をしたきっかけで、突然肩に痛みを感じたりしびれを感じたりします。

炎症が起こると、腕を動かしたときに痛みます。たとえば

  • シャツを脱ごうとめくり上げるのがつらい
  • ブラのホックに手を回すのがつらい
  • 棚の上のものをとるのがつらい
  • 洗濯物を干すのがつらい
  • 髪を洗うのがつらい

などの動作をするとき。

肩こりと似ていますが、痛みの出る場所が違います。

または、夜中にズキズキとした痛みで寝返りも打てない、眠れないなどの「夜間痛」もあります。

私もなったことがありますが、いきなりズキズキとした激痛が始まり、腕が上がらず夜も眠れず、数日間本当につらい思いをしました。

年齢を重ねることで、肩の骨や軟骨、靭帯や腱などに炎症が起きることが主な原因だといわれています。

その後、炎症がおさまるのに合わせて痛みも軽くなります。

早い人で数ヶ月、または1年くらいで痛みがやわらぐ人が多いですが、痛みがずっと続く人もいます。

それに、痛みがよくなっても、炎症によって肩の関節とその周辺がくっついてしまうと、もとの動きにまでは回復しないことが多いようです。

四十肩・五十肩の時期と注意事項

肩こりと似ていますが、痛みを感じる場所が違います。

肩こりは筋肉・筋膜の痛みであるのに対し、四十肩・五十肩は肩関節の痛みになります。

急性期

数週間~数か月前からなんとなく肩に違和感があった状態から、急激に炎症がすすんだ状態です。

肩や腕を動かすと激痛が走り、何もしなくても痛みます。夜間痛で睡眠障害になる人もいます。

この時にガマンせず、医療機関で診断を受けることをおすすめします。腱板断裂など、四十肩・五十肩とは違う病気の可能性もあるため、自己診断しない方がいいからです。

慢性期

うずくような痛みはだいぶ治まりますが、腕を上げると鈍い痛みがおこり、まだ動かしづらさを感じる時期です。

ほとんどの方は安静にしていると痛みは感じませんが、洗濯物を干す時や服の着脱時の様に腕を上げたり、曲げたりすると強い痛みを感じます。

回復期

痛みはかなり楽になり、多くの方で動かしづらさも解消されます。

しかし、2割程度の方は、炎症のせいで肩の関節が固まってしまい、以前よりも肩が上がらなくなる挙上制限が残ると言われています。

痛みが強い時

五十肩になると、あまりの痛みから肩が動かなくなってしまうのでは?と不安になって、痛いのに無理をして動かそうとしてしまう人がいます。

痛みの強い時期というのは、炎症が強く起こっている状態です。

寝ていて痛い、じっとしても痛いなどの症状があり、痛みが増強している時期は、無理をして動かさないことをおすすめします。

この期に無理に動かすと、炎症が悪化して症状が治りにくくなります。

また、肩の痛みが増している時期のマッサージやほぐし整体もおすすめしません。
もちろんボキボキするような整体や、肩や腕を大きく動かすようなストレッチやマッサージも避けてください。

特にグイグイ押したり、ギュウギュウもんだりなど、過剰な刺激を与えないようにしてください。
これは、自分でもついついしないようにしてください。

肩関節には、感覚受容体と呼ばれる刺激を感知するセンサーが特に集まっており、強すぎる刺激は害にしかなりません。

当院の四十肩・五十肩の施術

多くの人はいずれよくなるだろうと考え、その間シップや痛み止めなどでガマンしがちです。

その結果、症状がさらに長引いたり、痛みが引いたあと以前よりも腕が上がらなくなったりなど、完治しきらないことがあるため注意が必要です。

当院の施術では、以下のような調整をして回復を促します。

  • 肩甲骨の調整
  • 首の調整
  • 鎖骨・肋骨の調整
  • 肘・手首の調整
  • 内臓の調整
  • 太腿の調整

「肩だけじゃないんですね」とよく言われますが、その症状というのは体のバランスの崩れのしわ寄せが、たまたま「肩関節」に表面化しているにすぎません。

一見関係ないように見えて、影響していることが多いんです。

特徴1. 炎症の強い時期にも対応できます

当院の施術は、炎症を強めるような押したりもんだりの強い施術ではありません。

「え?こんな触れ方で治るの?」というほど、ソフトでやさしい施術です。でも、それは単に「力が弱い」ということではありません。

おひとりおひとりにあわせて、体がもっとも回復に必要としている刺激をおくります。

そのため、急性期であっても施術をすることが可能です。炎症をしずめるように働きかけますので、むしろ回復が早まります。

特徴2. もっとも回復を促す方法を探りあてます

体内部というは、私たちの理解を越えてつながっています。ツボなどもまさにそうですね。

ですから、患部とは別の個所を調整したことで痛みが軽くなるということが多々あります。

私たちの施術は、肩以外の場所、例えば鎖骨や肋骨、首、内臓、太腿、足首からも回復に働きかけます。

どこを調整したら楽になるかは、人それぞれです。内臓や太腿などを調整したら、痛みがやわらぎ肩の動きが広がるようになる人もいます。

また、痛い場所に触れなくても施術できるので、痛がりの方も安心して受けられています。

特徴3. 全身を調整します

当院は、患部だけを調整するのではなく、必ず全身を調整します。

今ある症状というのは体全体のバランスの崩れのしわ寄せが、たまたま「その部位」に表面化しているにすぎないからです。

全身状態が整うことで回復の土台ができ、症状の改善がスムーズになります。

受けられた方の感想

40代・女性

エプロンを後ろで結ぶのがきつく、セーターを脱いだりするのも肩が引っかかり脱ぎにくかった。
仕事でフライパンを持っている時に痛みが強くなり、手が上がらなくなった。
しばらく湿布で様子を見ていたがよくならず、当院を受診。


こんなに軽く触られるだけで、肩の動きが広がるなんて。

来た時より痛みも軽いです。

仕事に影響出るので不安でしたが、かなり楽になったのでよかった。

来院された時は激痛は収まっていましたが、腕を挙上すると痛みがありました。

仕事上長く休めないため心配されていましたが、ご自分の回復ぐあいに喜んでおられました。

早めに対処されよかったです。

あなたが四十肩・五十肩でお悩みで、これまでどこに行っても痛みがとれなかったのなら、ぜひ当院に来てくださいね。

ひとりで悩む前に一度相談を

五十肩や腰痛、姿勢バランスなど、どこへ行っても改善しなかったお悩みを、私たちと一緒に改善していきましょう。

地域のみなさまが日々の不調から解放され、それだけでなく、ご自分の内面美・外見美をいつまでも実現していけるように、心を込めてサポートします。

とはいえ、大切なお体を預けるのにいきなり高い金額をはらうのは、勇気がいりますよね。公式LINEからでしたら、無料でご相談にのることができます(LINEでお答えできる範囲内です)。

どうぞご活用ください。

   

山口県新下関駅近く
美爽律整体サロン アンリーシュ
完全予約制

◇営業時間 9:00~18:00
◇定休日 日曜日 他不定休
◇店舗所在地
下関市田倉842(駐車場有)
  083-292-4543
  (施術中・営業時間外は
  電話に出られないことがあります)

四十肩・五十肩の解説と急性期にも対応できる当院の施術の3つの特徴

腕を挙げたり、後ろに回す動作につらさを感じていませんか?

首から肩にかけて重さが出る肩こりとは違い、肩先から腕にかけての痛みを感じているなら、それは四十肩・五十肩かもしれません。

腕を上げる動作がしにくくなるため、痛みや使いずらさを感じながら生活するのは本当にしんどいですね。

ここでは、四十肩・五十肩の解説と、当院の施術についてお伝えします。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩とは、いわゆる「肩関節周囲炎」のことです。

肩の関節がいたんで、動きが悪くなるものです。40代以降、特に50代の方が多いです。

はじめは「なんとなく肩に違和感がある」程度であったものが、何かの動作をしたきっかけで、突然肩に痛みを感じたりしびれを感じたりします。

炎症が起こると、腕を動かしたときに痛みます。たとえば

  • シャツを脱ごうとめくり上げるのがつらい
  • ブラのホックに手を回すのがつらい
  • 棚の上のものをとるのがつらい
  • 洗濯物を干すのがつらい
  • 髪を洗うのがつらい

などの動作をするとき。

肩こりと似ていますが、痛みの出る場所が違います。

または、夜中にズキズキとした痛みで寝返りも打てない、眠れないなどの「夜間痛」もあります。

私もなったことがありますが、いきなりズキズキとした激痛が始まり、腕が上がらず夜も眠れず、数日間本当につらい思いをしました。

年齢を重ねることで、肩の骨や軟骨、靭帯や腱などに炎症が起きることが主な原因だといわれています。

その後、炎症がおさまるのに合わせて痛みも軽くなります。

早い人で数ヶ月、または1年くらいで痛みがやわらぐ人が多いですが、痛みがずっと続く人もいます。

それに、痛みがよくなっても、炎症によって肩の関節とその周辺がくっついてしまうと、もとの動きにまでは回復しないことが多いようです。

四十肩・五十肩の時期と注意事項

肩こりと似ていますが、痛みを感じる場所が違います。

肩こりは筋肉・筋膜の痛みであるのに対し、四十肩・五十肩は肩関節の痛みになります。

急性期

数週間~数か月前からなんとなく肩に違和感があった状態から、急激に炎症がすすんだ状態です。

肩や腕を動かすと激痛が走り、何もしなくても痛みます。夜間痛で睡眠障害になる人もいます。

この時にガマンせず、医療機関で診断を受けることをおすすめします。腱板断裂など、四十肩・五十肩とは違う病気の可能性もあるため、自己診断しない方がいいからです。

慢性期

うずくような痛みはだいぶ治まりますが、腕を上げると鈍い痛みがおこり、まだ動かしづらさを感じる時期です。

ほとんどの方は安静にしていると痛みは感じませんが、洗濯物を干す時や服の着脱時の様に腕を上げたり、曲げたりすると強い痛みを感じます。

回復期

痛みはかなり楽になり、多くの方で動かしづらさも解消されます。

しかし、2割程度の方は、炎症のせいで肩の関節が固まってしまい、以前よりも肩が上がらなくなる挙上制限が残ると言われています。

痛みが強い時

五十肩になると、あまりの痛みから肩が動かなくなってしまうのでは?と不安になって、痛いのに無理をして動かそうとしてしまう人がいます。

痛みの強い時期というのは、炎症が強く起こっている状態です。

寝ていて痛い、じっとしても痛いなどの症状があり、痛みが増強している時期は、無理をして動かさないことをおすすめします。

この期に無理に動かすと、炎症が悪化して症状が治りにくくなります。

また、肩の痛みが増している時期のマッサージやほぐし整体もおすすめしません。
もちろんボキボキするような整体や、肩や腕を大きく動かすようなストレッチやマッサージも避けてください。

特にグイグイ押したり、ギュウギュウもんだりなど、過剰な刺激を与えないようにしてください。
これは、自分でもついついしないようにしてください。

肩関節には、感覚受容体と呼ばれる刺激を感知するセンサーが特に集まっており、強すぎる刺激は害にしかなりません。

当院の四十肩・五十肩の施術

多くの人はいずれよくなるだろうと考え、その間シップや痛み止めなどでガマンしがちです。

その結果、症状がさらに長引いたり、痛みが引いたあと以前よりも腕が上がらなくなったりなど、完治しきらないことがあるため注意が必要です。

当院の施術では、以下のような調整をして回復を促します。

  • 肩甲骨の調整
  • 首の調整
  • 鎖骨・肋骨の調整
  • 肘・手首の調整
  • 内臓の調整
  • 太腿の調整

「肩だけじゃないんですね」とよく言われますが、その症状というのは体のバランスの崩れのしわ寄せが、たまたま「肩関節」に表面化しているにすぎません。

一見関係ないように見えて、影響していることが多いんです。

特徴1. 炎症の強い時期にも対応できます

当院の施術は、炎症を強めるような押したりもんだりの強い施術ではありません。

「え?こんな触れ方で治るの?」というほど、ソフトでやさしい施術です。でも、それは単に「力が弱い」ということではありません。

おひとりおひとりにあわせて、体がもっとも回復に必要としている刺激をおくります。

そのため、急性期であっても施術をすることが可能です。炎症をしずめるように働きかけますので、むしろ回復が早まります。

特徴2. もっとも回復を促す方法を探りあてます

体内部というは、私たちの理解を越えてつながっています。ツボなどもまさにそうですね。

ですから、患部とは別の個所を調整したことで痛みが軽くなるということが多々あります。

私たちの施術は、肩以外の場所、例えば鎖骨や肋骨、首、内臓、太腿、足首からも回復に働きかけます。

どこを調整したら楽になるかは、人それぞれです。内臓や太腿などを調整したら、痛みがやわらぎ肩の動きが広がるようになる人もいます。

また、痛い場所に触れなくても施術できるので、痛がりの方も安心して受けられています。

特徴3. 全身を調整します

当院は、患部だけを調整するのではなく、必ず全身を調整します。

今ある症状というのは体全体のバランスの崩れのしわ寄せが、たまたま「その部位」に表面化しているにすぎないからです。

全身状態が整うことで回復の土台ができ、症状の改善がスムーズになります。

受けられた方の感想

40代・女性

エプロンを後ろで結ぶのがきつく、セーターを脱いだりするのも肩が引っかかり脱ぎにくかった。
仕事でフライパンを持っている時に痛みが強くなり、手が上がらなくなった。
しばらく湿布で様子を見ていたがよくならず、当院を受診。


こんなに軽く触られるだけで、肩の動きが広がるなんて。

来た時より痛みも軽いです。

仕事に影響出るので不安でしたが、かなり楽になったのでよかった。

来院された時は激痛は収まっていましたが、腕を挙上すると痛みがありました。

仕事上長く休めないため心配されていましたが、ご自分の回復ぐあいに喜んでおられました。

早めに対処されよかったです。

あなたが四十肩・五十肩でお悩みで、これまでどこに行っても痛みがとれなかったのなら、ぜひ当院に来てくださいね。

ひとりで悩む前に一度相談を

五十肩や腰痛、姿勢バランスなど、どこへ行っても改善しなかったお悩みを、私たちと一緒に改善していきましょう。

地域のみなさまが日々の不調から解放され、それだけでなく、ご自分の内面美・外見美をいつまでも実現していけるように、心を込めてサポートします。

とはいえ、大切なお体を預けるのにいきなり高い金額をはらうのは、勇気がいりますよね。公式LINEからでしたら、無料でご相談にのることができます(LINEでお答えできる範囲内です)。

どうぞご活用ください。

   

山口県新下関駅近く
美爽律整体サロン アンリーシュ
完全予約制

◇営業時間 9:00~18:00
◇定休日 日曜日 他不定休
◇店舗所在地
下関市田倉842(駐車場有)
  083-292-4543
  (施術中・営業時間外は
  電話に出られないことがあります)